事業団トップ

通所介護(デイサービス)

 

















 

    運営推進会議


    デイサービス空き情報

老人

福祉センター

 

 

訪問介護

 


居宅介護支援

 

 

大津市ふれあいプラザ

 

   

    大津市ふれあいプラザ(貸室)空き情報

 


特別養護老人ホーム 榛原の里

    
デイサービス空き情報

   
ショートステイ空室情報

 


職員採用

 

 

 

情報公開

 

 

 

介護職員初任者研修

 

 

 

公募案内

 

 

 

 

 

 

 

 

HOME > H28事業団職員研修2

 

 

    事業団職員研修を開催しました。

 

 

 平成29年1月24日(火)、大津市ふれあいプラザのホールにて、事業団職員の階層別研修の第2グループの研修を開催しました。

 

 研修の講師には、これまでと同じく株式会社川原経営総合センターの新藤建先生にお願いして、13時30分から17時15分までは中堅研修、18時30分から20時30分まで全体研修を行いました。

 

 

 13時30分、中堅職員研修が始まりました。

 

     

 

 前回と同じく、まずはエゴグラムで自己分析を行い、自分を理解するということから始まり、次は所属する職場の良い所・気になるところを書き出していきました。

 ホウレンソウ実践度チェックでは確認しなくてはいけない項目の多さに驚き、思っていたよりも出来ていないことが多くあるということに気付けました。

  

  

    

 

 グループワークでは個人ワークの結果を共有し、「仕事に対する基本姿勢」や「チームワークの基本」「報告・連絡・相談」についてなどをテーマに話し合いました。

 

   

 

  各グループで話し合って出た意見を書き出します。

 

  

    

 

  書き出した内容を順番に発表しました。

  

  

  各グループで話し合って出た意見です。クリックすると拡大します。

 

  発表内容について新藤先生より講評をいただき、中堅研修が終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 18時30分からはメンバーが入れ替わり全体研修が始まります。

 

 

  

 今までと同じく、個人ワークでエゴグラムを活用した自己分析を行い、自分が属する事業所の良い所・気になるところ、事業団全体について好きなこと・改善すべきことなどを書き出していきました。

 

 

 引き続きグループワークに移りました。

 「コミュニケーション演習」ではある図形をグループリーダーが口頭で伝え、正しく他のメンバーが理解できるかをやってみました。

 同じ図形の説明でも伝え方は人によって違い、また、同じ説明を聞いていても受け取り方が違うという伝えるということの難しさを実感しました。

 

  

  

   

 その他には、個人ワーク結果を共有し、さらに「チームワークを作るためには職場に何が必要か」「指示の受け方・報告の方法での苦い経験の原因」「上司(リーダー)に報告が絶対必要なこと」などをテーマに話し合いました。

              

  

 

 最後にグループで話し合った結果を発表し、新藤先生から講評をいただき、全体研修が終了しました。

 

  

 

 

 今回の研修で、今年度の全ての常勤職員を対象にした階層別研修が終了しました。昨年から行っている職員研修ですが、同じ事業団職員でも施設介護やヘルパーなど普段は関わらない違った職場の職員と交流を持つことによって、知らなかった他の事業所のことを知り、他から見た自分の職場を知ることができた良い機会だったのではないかと思います。

 

 

 雪の降る寒い中、研修へ参加いただいたみなさん、お疲れ様でした。

 

 

 

  

 

 

  

                              

サイトマッ プ / 個人情報の取り扱い / 著作権・免責

社会福祉法人大津市社会福祉事業団   〒520-8530 滋賀県大津市浜大津四丁目1番1号 明日都浜大津5階   TEL:077-527-9552

                                                               ふれあいプラザ貸室受付    TEL:077-527-8351

Copyright (C)2008 大津市社会福祉事業団 All rights reserved.